赤ちゃんのために

眠らない、泣いてばかり、体が反るなど子育ての悩みは尽きないもの…しかし、そこにはきちんとした理由があるのです

  • 赤ちゃんは全身が受容器。触角のように全身で感じます。

    目から、鼻から、口から、耳から、手から、赤ちゃんは全てのものから情報をとろうとします。全身で考え、感じるので、痛みなどの刺激は不快で、楽しい状態の方が脳にもよい影響を与えます。

    できる限り泣かさないことが、赤ちゃんにはとても大切な状態なのです。

  • 泣かさない子育てのために。

    お母さんやお父さんも、赤ちゃんのことを注意深く見て感じてあげてください。
    赤ちゃんが泣いている理由は、お腹がすいている・おむつがぬれて気持ちが悪い…だけではありません。

    子宮の中にいた赤ちゃんは、ずっと子宮を押し、いつも体が何かに触れていた状態です。何かが触れていないと不安になったり、体勢がつらい・におい・まぶしい・雰囲気がいつもと違う…など様々です。

  • 気をつけなければいけないことは、月齢で判断しないこと。

    赤ちゃんが生まれてくる時期は様々です。今、◯ヶ月だから◯◯ができなくては!…とは考えないでください。

    赤ちゃんの筋力や持っている力を発達させるためにまずは、赤ちゃんを泣かさないこと、頭のゆがみをなくしてあげること、体の姿勢をいい状態にしてあげることなどです。

どのタイミングでも遅くはありません。あせらず、あきらめず、大らかな気持ちで優しく赤ちゃんに接してあげてください。 赤ちゃんが泣いている理由をさがしていきましょう!

昔の赤ちゃんの育ち方