よくあるご質問

「おひなまき」について



おひなまきにずっと巻いてもいいですか?

自分自身でおひなまきをでてくる時期までできる限りお使いください。

(1)おひなまきに巻かれることで、肌から脳への刺激が伝わり発達を促します。(2)おひなまきの狭い空間で手足を動かすことで、筋肉の発達を促します。(3)丸い姿勢は肺の機能を促します。
また、起きている間は、おひなまきをせずに、遊ぶことでいろいろな刺激を与える練習をしてください。

参考資料
関連商品

このページの先頭へ

生後何か月頃まで丸く寝かせるのですか?

はいはいがしっかりとできる時期までは丸く寝かせることをおすすめします。

ただし、嫌がって出てくるようなら卒業とお考えください。

参考資料
関連商品

このページの先頭へ

うまく巻けません。巻くと嫌がってしまいます。

まず着用法を参考に巻けるところまで巻いてみましょう。

嫌がってきたら途中でストップして、まず赤ちゃんの背中~肩を軽くなでてください。次に赤ちゃんのコリをほぐす「マイピーロネオ体操」や足指や足首まわし体操などで筋肉の緊張をやわらげていきます。落ち着いてきたら再開してください。日中起きている間は巻かずに様々な姿勢で過ごすと、眠い時はおひなまきに巻くと寝るようになっていきます。

このページの先頭へ