天使の寝床

赤ちゃんの寝かせ方

このページの先頭へ

  • ポジショニング(姿勢調整)

    ポジショニング(姿勢調整)

    あお向きばかりだけではなく、授乳やオムツ替えごとに体の向きを変えてあげましょう。ロール状のバスタオルは、赤ちゃんの股下を通します。おひなシーツで横向きのままくるみます。

    ※横向きの姿勢になる時も、姿勢の基本は「背骨のCカーブを保てるよう、気持ち良く包み込む」ことです。

  • 天使の寝床の卒業時期

    おひなシーツが下半身だけにしかかからない体格になっても、赤ちゃんが機嫌よくおひなシーツにくるまれて、よく寝るようでしたら使い続けていただいて構いません。天使の寝床に入るのを嫌がったり、自分で出てくるようになれば、卒業のタイミングと考えてよいでしょう。

  • どうしても上手く使えないなど、困ったときは、トコ・カイロプラクティック学院認定のケア師2級以上の方がされている教室や、施術の予約をおとりになって、指導をお受け下さい。
    トコ・カイロプラクティック学院・修了者

このページの先頭へ

セッティング方法

セッティング方法

ふとんの頭がわ(タグのついていない方)に、付属のおひなシーツをかぶせます。天使の寝床専用コットの高い方を頭がわにして、ふとんをおさめます。敷きパッドをポーチの中に敷き、おひなシーツの翼は開いておきます。

洗濯時の分解・組立方法

専用コットは分解して洗濯することができます。こまめな洗濯で清潔にご使用いただけます。

洗濯時の分解・組立方法

足側・頭側の面ファスナーを1、2の順番にはずし、平らに開きます。組み立てるときは2、1の順番に止めます。

コット壁面の芯材を底の側から取り出します。(芯材は洗濯できません)組み立てるときは、スポンジが上(ふとん側)になるようにセットします。

このページの先頭へ