切迫早産・早産?20131120

何が原因で切迫早産になるの?

骨盤がゆるんで子宮などの内臓が下がると、赤ちゃんが下がりすぎて
子宮と骨盤底筋群の間で子宮頸管が押しつぶされます。
すると圧迫による刺激で子宮収縮(お腹の張り)が起きたり、
子宮頸管(赤ちゃんの出口部分)が短くなって「切迫早産」の
原因になると考えられています。

骨盤がゆるむと…

切迫早産は改善できる?

この状態を改善するには、骨盤高位の姿勢で下がっている赤ちゃんを
正常な位置にあげて、そのままの姿勢でトコちゃんベルトを着用します。

骨盤高位ってなに?

床から15~20cmの高さを保てるように、お尻の下に本や座布団などを敷き、
立て膝の状態であお向けに寝た姿勢です。

骨盤高位

切迫早産の治療にトコちゃんベルトを併用される産婦人科の先生方も
増えつつあります。合阪幸三先生(現・浜田病院副院長)のご協力をいただき、
2005年の日本周産期・新生児医学会で「トコちゃんベルトを着用すると
短縮していた子宮頸管が改善した」と渡部信子氏(助産師)は発表しました。

また、翌2006年の日本産婦人科学会総会で合阪先生は、
「子宮頸管無力症と診断できる切迫早産はほぼ100パーセント
骨盤のゆるみと関係がある」と発表されています。

このような研究発表もあります。
■ ランチョンセミナー講演要旨集

骨盤のゆるみやゆがみの影響