トコちゃんベルトと骨盤ケアのあゆみ

女性の腰痛は骨盤由来

渡部信子先生

1993年、トコちゃんベルト考案者で助産師・整体師の渡部信子氏(以下、渡部氏)は、京都大学医学部附属病院産科分娩部・未熟児センター婦長として勤務。入院患者の妊婦や褥婦の多くが腰痛を訴え、どのようなケアを行えばよいか模索をしていた。自身も産後の腰痛で苦しみ、整形外科からは“異常なし”の診断を受けながらも症状は一向に改善しないため、足を引きずりながらの勤務で他人事とは思えず悶々としていたからだ。

ある日、「腰痛の原因は骨盤にあり」という説明会の案内が目に入り、半信半疑ながらも出席した。そこで語られた「女性の腰痛の重症者は、恥骨結合が一直線になっていなくて段差ができている。女性は出産時に恥骨が開くが、ちゃんと一直線に閉じるまで、産婦人科の医師も助産婦も見ていない」という話に大きな衝撃を受けた。また、その時に受けた施術で長年の腰痛も改善した。

それを機に、渡部氏は整体・カイロプラクティック・操体法などの理論や技術の習得に励んだ。また、これらの理論や技術を腰痛を訴える妊婦や褥婦のケアに取り入れた。

「トコちゃんベルト」誕生

1994年、渡部氏は、骨盤をゴムチューブで縛って行う整体技術と、助産学生時代に実習で体験した晒しの巻き方を参考に、ケアを行う側もケアを受ける側も簡単に使用できるものを目指し、試行錯誤の末、トコちゃんベルトの原型を作成した。

その後、妊娠後期の女性の意見を参考に素材を吟味し、立体裁断を取り入れることで妊娠初期から産後まで使用できる女性のための腰痛緩和ベルト「トコちゃんベルト」旧型が1995年に完成した。

「トコちゃんベルト」の広がり

1997年、トコちゃんベルトを製造販売し妊産婦の腰痛ケアを普及するために、有限会社青葉を設立した。トコちゃんベルト旧型完成からすでに2年がたとうとしていた。しかし、当時は、妊産婦の腰痛は「お腹に赤ちゃんがいるのだから仕方がない」「産めば治る」など、妊娠中や産後の腰痛をケアしようという考え方は理解されなかった。

しかし、かすかな灯りも点いた。ある整形外科の医師が、骨盤輪不安定症の患者に次々と紹介してくれたからだ。
※骨盤輪不安定症とは、お産の後や転ぶなどしてお尻を強く打った時などに、骨盤の恥骨結合という部分が大きく緩んで骨盤がグラグラになり、立ったり歩いたりすることが困難になる症状のことで、患者のほぼすべてが女性であった。

当時、骨盤輪不安定症という病名を知る整形外科医も少なく、治療の方法もプラスチックや革で作った装具で骨盤全体を固定していた。トコちゃんべルトを見た先生は「こんな柔なものでは骨盤は固定できないよ」と言いながら、患者に試した。すると、ベルトを着用した患者は、トコトコと歩きだした。お産の現場では、500~600人に一人の割合くらいで恥骨結合離開や恥骨骨折と診断される産後の女性がいることが分かった。お産直後から身動きできなくなって、赤ちゃんは他人任せで1~2か月の入院を余儀なくされていた。

1999年、「妊娠と腰痛」という論文の中でトコちゃんベルトは「骨盤支持ベルト」として紹介された。トコちゃんベルトを購入した患者は、腰痛などで悩む知人などに紹介し、序々に病院などの施設で取扱いされるようになった。

トコちゃんベルト開発の時から注目してくれていたある大学の看護学科の先生は、大阪の病院の方々と産後の着用効果の研究に取り組み、1997年の日本母性衛生学会で産後の腰痛緩和や尿もれの改善、ウツのリスクを軽減するのに効果があると発表。この発表は2000年に論文でも発表された。

ホームページの作成

1999年春、トコちゃんベルトと妊娠中や産後の腰痛のケア、恥骨結合離開と骨盤輪不安定症の関係の情報発信を目的としてHPを開設。当時、妊産婦の腰痛に関する情報が提供できるHPはなく、「妊娠・産後・腰痛・尿漏れ」で検索した人のほとんどは弊社のHPにたどりつくようであった。開設初期から問い合わせも多く、様々な悩みに答える中、問い合わせがあった人の要望にこたえる形でネット通販を始める。

助産婦さん達から「渡部先生のセミナーを受講するための手続きを教えてほしい」という問い合わせも毎月あり、取り扱ってくれるお産の施設やフリーの助産婦さんも少しずつ増えていった。

トコちゃんベルトは産科医療の分野でも研究された

「妊娠後期になってほとんど歩くことができなくなった患者が、HPの情報を頼りにトコちゃんベルトを購入し着用したらほぼ普通に歩けるようになった。このベルトの効果を研究し発表している医師はいるのか?」と電話があったのは2001年春であった。この患者の症例は、2002年の周産期学会で発表、2003年には医学雑誌にも発表された。電話をしてきた医師は、東京御茶ノ水にある浜田病院の副院長合阪幸三先生であった。

その後合阪先生は、2006年に日本産婦人科学会で切迫早産に関係する研究、2008年には周産期・新生児医学会で産褥期の尿失禁に関する研究を発表、その後どちらの研究も医学雑誌に論文としても発表された。

「骨盤ケア」という言葉の誕生

トコちゃんベルトなどで腰痛をケアすることを一言で表せる言葉を模索していた。渡部氏といろいろ検討していたが「骨盤ケア」に決めたのは1999年の秋ごろであった。

今や「骨盤ケア」という言葉は妊産婦の用品にも一般的に使われているだけでなく、雑誌や整体などで広く使われているが有限会社青葉の生き残りをかけて悩みに悩んで作った造語である。

国内生産へのこだわり

当時はほとんどのブランドの製造が中国に移されていく中、国内生産にこだわって縫製会社を探していた。その時、有名ブランドの縫製をしていた会社が引き受けてくれることになった。安心・安全で問題があってもすぐに解決できる国内生産へのこだわりは、今でも変わらない。

トコちゃんベルトⅡ誕生

「最近は骨盤の緩みが大きいため、現在のトコちゃんベルトでは対処でない妊産婦が増えてきている。恥骨結合だけでなく仙腸関節という骨盤の後ろにある関節も締める必要がある。」という考えをもとに、試作・テストを繰り返し2004年に完成したベルトがトコちゃんベルトⅡである。このベルトの開発が、多くの助産師やお産の施設が骨盤ケアに取り組むきっかけになった。

オーミトコ トコちゃんパンツ誕生

2010年、東京在住のキャリアウーマンから「妊娠後期になっても、お腹を締めつけず骨盤ケアができて、オフィスにもはいていけるパンツがほしい」という要望があったと渡部氏。

2011年、オーミケンシのスタッフと知り合った。それから1年かけて作ったのがトコちゃんパンツ。試作品を試着してくれたたくさんの助産師さん達から、ユニフォームとして使用できるものもという要望が寄せられている。これからまだまだ発展予定。

母子医療の危機克服に利益の一部を使おう

創業当時の利益が全く読めない時期から日本母性衛生学会などに商品の展示を続け、妊産婦の腰痛ケアの重要性を訴え続けてきた。利益が出だしたらの「たら」の時代から、情報誌の発行やランチョンセミナーの共催を夢見ていた。

マタニティケアハンドブックは、難しすぎてよくわからないという声もあるが、多くの方から非常に参考になったという声が届く。多くのお産の施設からも「患者に配布したい」という要望も多いし、実際に配布されている。妊娠中や産後の女性に、ぜひ知っておいてほしいという情報を製品のカタログの中に入れた情報誌を作ろうと2000年ごろから考えていた。この計画が実現できたのは、2004年であった。2012年には一年で30万部以上を発行し、累計では200万部を超えた。更に必要と思われる資料を発行していった。

2008年の日本母性衛生学会から始めたランチョンセミナーは、2013年の日本助産学会で11回目になった。主として日本母性衛生学会と日本助産学会で開催しているが、要望されるその他の学会でも開催しているため、2013年には、日本看護学会でも行うことになっている。