第50回日本母性衛生学会総会・学術集会
ランチョンセミナー 骨盤ケアで改善! PART3

妊娠・分娩・産褥・新生児のトラブル
―早産・骨盤位・帝王切開を減らそう―

目次

コーディネーター・座長からのごあいさつ
NPO法人 母子整体研究会代表理事 渡部 信子

座長・演者経歴

演題1 骨盤施術と整体マザークラスで得た低値の帝王切開率
マミーサロン室長 助産師 是枝 貴子

演題2 両親学級に骨盤ケアを取り入れて ―骨盤位の推移―
はやかわクリニック 助産師長 目黒 美千子

演題3 当院における早産予防のケア ―早産できなくなった地域の中で―
広瀬産婦人科医院 助産師 鬼塚 恵子

コラム 早産できなくなった地域の中で母子の健康増進を目指して開業
マミーサポートみのり 室長 助産師 中園 妙子

コラム 早産できなくなった地域の中で母子の健康増進を目指して開業

LINEで送る
助産師 助産師中園妙子

鹿児島県出水市 マミーサポートみのり 室長
助産師 中園妙子


出水市内で母子整体サロンを開業して1年8ヶ月になります。それまでは市内の総合病院で勤務していましたが、当時より切迫早産、異常分娩、産褥復古の異常、骨盤臓器脱出が非常に多い地域であると感じながら勤務してきました。

サロンの情報入手源

来室される人は、助産師からの紹介や、幼稚園・保育園などの口コミで知った人が多く、保健センターの新生児訪問を受けた後に紹介された人も、徐々にですが増えて来ました。

来室者の特徴

来室される人の約1/2が産後1~3ヶ月、1/4が産後3ヶ月~、1/4が妊娠中。主訴は「最近、腰痛・恥骨痛・股関節痛がひどくなった」が多く、友人や姉妹からトコちゃんベルトを借りたり、通販で購入してほとんどの人が持って来られます。持ってはいるものの「どうもしっくりしないので指導を受けたい」、「巻いていると調子が良いが、返さないといけないので購入したい」とおっしゃる人が多く、市内ですでに骨盤ケアの必要性が口コミで広まっていることを、日々感じます。

ケアの効果

妊婦さんの多くが、切迫流早産の診断をすでに受けておられ、ご持参いただくエコー画像も長ナス型・きゅうり型が目立っています。しかし、施術やトコちゃんベルトの着用指導を行い、毎日操体法を続けていただくことにより、深刻な早産や難産に至ったケースは今のところ1例もありません。

産後においても母乳栄養の確立ができているケースがほとんどで、痛みやこりのないバランスの良い母子の体作りをすれば、こんなにも母乳育児が楽になるものなのだと、感激することしきりの毎日です。

幼稚園や保育園で

来室される人の職種では、幼稚園教諭や保育士が非常に多いです。「0歳児クラスでは泣きやまない子が多く、1日中抱っこやおんぶをしている」、「最近の園児の姿勢の悪さや、落ち着きの無さ、情緒の不安定を目の当たりにするにつけ、自分の子供も例外では無いのではないか…と心配になってしまう」などの訴えが聞かれます。また、最近では「職員間でのべびぃ整体に関する関心も高まっていて、園内でコツコツと啓蒙活動を始めた」との嬉しい報告も受けるようになりました。

今後の課題

現在市内で主催されている妊婦体操教室では、骨盤ケアに関するインフォメーションはもちろん行われていますが、回数や内容の検討が必要と感じています。また、今後いっそう、マイナートラブルや切迫流早産や早産が減少し、育児を楽しめる母親が増えることを目指し、助産師、保健師、保育士などの連携を深めることが大切だと感じています。