第50回日本周産期・新生児医学会学術集会
教育セミナー

妊娠中の「安全」確保
―明日からの外来で気をつけてほしいこと―

目次

ご挨拶
国立病院機構長良医療センター産科医長 周産期診療部長 川鰭 市郎

座長経歴・演者経歴

演題 妊娠中の安全確保 ~明日からの外来で気をつけてほしいこと~
自治医科大学産科婦人科学講座 准教授
佐野厚生総合病院産婦人科 主任部長 桑田 知之

ご挨拶

LINEで送る

国立病院機構長良医療センター産科医長 周産期診療部長
川鰭市郎


「お産はこわい」多くの妊婦さんが言う言葉です。私達産科医も「お産はこわい」と思っています。「こわい」の意味は両者の間では微妙に違っているのかもしれませんが、「こわい」を「不安」という言葉に置き換えると分かりやすくなるのではないでしょうか。赤ちゃんが元気かどうかという「不安」、自分がどうかなってしまうのではないのかという「不安」。そして陣痛という痛みに耐えることができるのかという「不安」などなど、私達医療者はどのようにこの「不安」をなくしていけばいいのでしょう。

超音波検査による赤ちゃんの観察や、胎児心拍モニタリングは私達が頻繁に用いるツールです。
しかし、どちらも専用の機械が必要になります。ということは、病院にいるときには頼りになるんですが、ほとんどの妊婦さんは病院にいる時間は限られています。だとすれば、自宅で赤ちゃんが元気でいることを実感できれば不安は解消されることになります。といっても大きなおなかをじっと見ていても何もわかりません。妊婦さんの「不安」をなくすために何をすればいいのでしょうか。気になりますね。

多くの妊婦さんは妊娠中の腰痛に悩まされています。おなかが大きくなって、背骨の角度が変わることも大きな原因なのですが、おなかが大きくならないようにするわけにはいきません。今日のランチョンセミナーを共催する青葉は、妊婦さんの腰痛対策に長年取り組んできました。なかなか解消できない腰痛に対する「不安」にどのように対処すればいいのか。これも気になりますね。

今日のランチョンセミナーではこの不安の解消のために、私達医療者はどのように対応すればいいのかを考えてみたいと思います。明日からの診療に役立てていただけるよう企画をしてみました。皆さんといっしょにじっくりと考えてみたいと思います。