第26回日本助産学会学術集会
ランチョンセミナー 骨盤ケアで改善! PART9

妊娠・分娩・産褥・新生児期のトラブル
―胎児期・新生児期からのケアで子どもの発達促進を―

目次

コーディネーター・座長からのごあいさつ
トコ・カイロプラクティック学院 学院長 渡部 信子

座長・演者経歴

演題1 発達外来の子どもから見えてくる胎児姿勢・新生児ケアの重要性
北翔会 札幌あゆみの園・ひまわり会札樽病院
苗穂レディスクリニック 発達外来 小児科医 加藤 靜恵

聞けていますか? 医療消費者の声 子宮に優しいパンツで体が変わる

LINEで送る
助産師 渡部 信子

コーディネーター・座長からのごあいさつ
トコ・カイロプラクティック学院 学院長
助産師 渡部 信子


ルームパンツ

先日、妊娠19週の経産婦さんが履いて来られたルームパンツを見て、私は「よしっ。これで日本は変わる!」と歓声を上げてしまいました。これは、日本のアパレル最大手のU社製で、最近発売になったものです。

実は、私は昨年の10月25日、このU社に「こんなパンツを販売してほしい」とリクエストメールしました。翌日にすぐに返信があり、半年もたたないうちにもう販売しているという素早さに、とても驚きました。

私がU社に送ったメールの要旨は「妊婦でも履ける、以下の三つの条件を満たす快適性の高いパンツを販売していただきたい。1.ウエストを圧迫せず 2.腹部を冷やさず 3.ずり落ちない。妊婦に快適なパンツは、胃下垂ぎみの若い女性や子宮などの内臓下垂ぎみの中高年の女性にも、健康上有益である」。

翌日さっそくU社からの返信が届き、大企業であるにもかかわらず、素早い対応に感激しました。その要旨は「この度頂戴しました内容は、貴重なお声として担当部署へ申し伝え、今後の商品企画開発の参考とさせて頂きます」というものでした。すぐに私は、以下の要旨の返信を書きました。それは「今の日本の女性の骨盤は脆弱で、内臓は下垂している人がほとんどで、一般の市販されているパンツを履いて暮らしているだけで、不妊・流早産の原因になりがちである。日本の産科医療危機を打開するためには、骨盤や子宮に優しいパンツが、絶対に必要である」という熱烈なものでした。そして、すでに販売されていた上記の三条件を満たす三社のパンツの写真を添付して送りました。

その後は全くメールのやり取りはしておらず、私は「U社のような大企業だと、いくら急いでも半年以内に発売できるなんてことは、あり得ないだろう」と思っていたのですが、見事に予想ははずれました。

お腹にゴム跡の付くような着け方は早産のリスクが高まる

もちろんU社以外にも、少なくとも数社から何種類か、上記の三条件を満たすパンツが発売されていて、お値段も素材やスタイルも様々です。

なぜ、このようなパンツが妊婦にお勧めかと言うと、このようにお腹にゴム跡の付くような着け方をしている妊婦さんは決まってお腹が硬く冷たく、お腹の中の赤ちゃんは活発には動けないからです。ですから、マタニティショーツを買う必要なんてないのです。できるだけ小さなショーツの方がいいのです。でも、そうするとお腹が冷えますので腹巻が必要です。

〇:腹部を圧迫しない小さいショーツと腹巻、×:マタニティショーツ

そして、その上からパンツを履いて、ベルトやゴム跡を付けないようにすると右上のような履き方になります。これではゴムやベルトの部分を折り返すのが面倒で、指導してもこの着用方法を守らず、ゴムで腹部を圧迫している人が多いのです。というわけで、「全国どこでも手軽に買えるU社からも販売していただかないことには、パンツに対する日本人の考え方を変革し、現状を変革することはできない」と考えたのです。

腹巻、トコちゃんベルト、小さいショーツの上からパンツを履いたところ
妊婦にお勧めのパンツ

もちろん、(有)青葉でも私の理想とするパンツを販売するために1年以上、研究・試作をくりかえし、準備をしています。これは、この夏までに発売開始できそうなパンツ。これは上記の会社の品と比べて、デザインも工夫してあり、縫製にかなり手が込んでいて、お腹が苦しくなく、腰のフィット感抜群、しゃがむのも楽々です。この妊婦にお勧めのパンツは、全ての女性にもお勧めです。妊活中の女性はもちろん、乳幼児のパンツとしてもこの方がいいのです。

「妊娠したら小さいショーツはお腹が冷えるからダメ!」という保健指導は絶対にやめてほしいのです。腹巻で保温すればいいのですから。腹巻と小さいショーツに履き変えた妊婦さんは異口同音に「ほんとにショーツ一つでこんなに違うんですね。楽です~。赤ちゃんも良く動くのがわかります」とおっしゃいます。こんな医療消費者の声にぜひとも耳を傾けていただきたいのです。

乳幼児のパンツ

今回のランチョンセミナーが、皆様の発想の転換と、明日からの仕事に役立つことを願って、ごあいさつといたします。