青葉のスタッフブログ

ニュースや新聞などで取り上げられている医療の話題、
学会・イベントでの展示の様子や情報などを青葉のスタッフが更新していきます。

トコちゃんベルトは折れるもの?

こんにちは!
スタッフOです^^

今日は今年大阪で開催されたマタニティーカーニバル2014で
よくいただいた質問の2つ目
「ベルトの前の部分は折れるもの?」にお答えしようと思います!
(※1つ目の質問に関する記事はこちらをご覧ください。)

トコちゃんベルトの前の部分が折れているというのは下の写真のような状態。
白いので見えにくいかもしれませんが、緑色の円の中にうっすらと線が入っています。
前が折れたトコちゃんベルトII

よくこういったベルトの交換・修理は出来ますか?
というお問い合わせをいただくのですが、
前が折れてしまった商品の交換・修理はお受けしておりません。

前の折れた部分に面ファスナーがしっかりと付いているなら
商品は問題なくお使いいただけますし、身体にも影響はありません。
ただ、面ファスナーが付きにくい場合は、
急に面ファスナーが外れてしまうことがありますので、
新しいベルトに買い換えていただくことをオススメします。

ベルトが折れている1つの原因として強く巻きすぎている可能性があります。
強く巻きすぎると、座った時に折れてしまうだけでなく、
かゆくなったり、食い込み感が強くなったりと、
気持ちよく過ごせなくなってしまいます(>_<)

立った時に気持ちのいい強さではなく
【座った時に快適な(苦しくない)強さ】を基準にベルトの強さを調整しましょう。
詳しくは付属のリーフレットもしくはこちらをご覧ください。

※  ただし、立った状態で長く生活やお仕事をされる方は、
立った状態で合わせ、座る時はゆるめるなど、強さの調整をしましょう。
※  強さの基準はⅠ・Ⅱとも共通です。

ですが、中には「適切な強さで巻いているのに折れてしまった!」
と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は上の写真に写っているのは私のベルトなんです(×_×)
「ベルトの強さには気をつけていたはずなのにどうして?」
と考えていたのですが、その理由は簡単。
姿勢がとても悪かった…!

悪い姿勢はベルトが折れるだけでなく、骨盤や背骨をゆがませる原因にもなります。
せっかくベルトや体操で身体を整えてもこうした行動で今までの努力が
無駄になってしまってはもったいないですよね(´・ω・)
これを機会に皆さんも正しい座り方を意識してみてはいかがでしょうか?
私も気を付けます(^_^;)

トコちゃんベルトはちょうどいい強さと正しい姿勢に気をつければ、
前が折れる可能性はグーンと減ります!
今折れている、もしくは今は折れていないけど
強く巻きすぎている、姿勢が悪いという方は、
強さや姿勢を見直してみてくださいね(^o^)

トコちゃんベルトや他の商品に関するよくある質問は
こちらのページにも記載しておりますので、よければご覧ください♪

それでは!
スタッフOでした^^