第33回 日本助産学会学術集会ランチョンセミナー「助産師に期待する胎児・新生児ケア」を公開しました

第33回日本助産学会学術集会にて共催したランチョンセミナーの講演要旨を公開しました。

【演題】助産師に期待する胎児・新生児のケア

【座長】
渡部 信子先生
トコ助産院 院長
トコ・カイロプラクティック学院 学院長

【演題1】
「数々の不定愁訴を乗り越え地域のママへの“伝え人”に変わった私
~助産師のひと言が私を子どもの人生を変えた~」
仲 真衣 先生
ふわり― Personal Care ― セラピスト

【演題2】
「厳しい妊婦体重管理は必要か?~DOHaDと先制医療から考える~」
福岡 秀興先生
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所 招聘研究員
千葉大学医学部 客員教授
福島県立医科大学 特任教授
日本DOHaD学会 代表幹事

講演の内容は こちら からご覧いただけます。