ひざベルト

LINEで送る

ひざの痛みを解消、ひざベルト体操で筋力アップ

ひざが痛むと、ひざを動かすのが怖くなります。
しかし「ひざベルト」を巻くと、楽に動かすことができます。
ひざの痛みをなくすには、毎日ひざを動かすことです。

丈夫な痛みのないひざを取り戻すために。
弱ったひざの筋肉や靭帯の支えに。
妊婦さん以外の方にもおすすめです。

こんな方に

このページの先頭へ

商品の特長

ひざの痛みの原因は?

ひざの痛みの原因は?

最近、ひざを痛める人が増えています。その痛みの原因は、ひざ関節そのものではなく、ひざ周囲にある筋肉や、ひざ関節を支える靭帯なのです。
ひざの周囲にはたくさんの筋肉が密集して、それらが協力しあって、ひざを衝撃から守るクッションの役割を果たしています。これらひざ周囲の筋肉や、ひざ関節を安定させる靭帯は、ひざを90度くらいに曲げるときに最も強く緊張します。座ったり立ち上がったりするとき、階段の上り下りのときなど、「ひざを曲げる瞬間」に最も痛みが強くなるようなら、痛みの原因はこの筋肉や靭帯だと思って間違いありません。

ひざベルト体操に、さまざまな体の動きに

ひざベルト体操に、さまざまな体の動きに

「ひざベルト」をひざに巻いて行う体操です。

ひざが痛いのでハイキングや山歩きをあきらめていた方も、ひざベルトを巻いたまま、少しずつ長い距離を歩くようにしましょう。痛まず楽に歩けるので、だんだん遠出ができるように、きっとなりますよ。

やわらかい天然ゴム

やわらかい天然ゴム

「ひざベルト」は、結ぶ必要がありません。ひざに食い込まず、適度な強さで支えられる幅と長さに仕上げました。

※類似品にご注意ください。㈲青葉「ひざベルト」は、運動をしてもつらくないように仕上げています。

このページの先頭へ

ひざベルトの仕様

セット内容 1本
素材 天然ゴム
サイズ 長さ:約2m
使用方法 使用方法はこちら
体操を毎日最低一度は行い、その回数は負担にならない程度にとどめ、気長に毎日続けましょう。
使用上の注意
  • ひざベルトを巻いたまま、じっと座っていたり、眠ることは、とても危険です。巻いたら必ず動いてください。動いていれば長時間巻いたままでも大丈夫です。
  • 製品の性質上、時間経過・日光・高温などで劣化が進みますので、保管時は直射日光・高温をお避けください。
  • 天然ゴム使用のため、ゴムアレルギーの方はご注意ください。
  • お子様の手の届かないところに保管してください。
製造 日本製

このページの先頭へ

価格

製造番号 価格(内消費税)
AT135 ¥1,296(¥96)

このページの先頭へ

  • トコちゃんドットコム
  • 医療関係者向け情報サイト

関連商品のご紹介